冬の室内はストーブやヒーターなどで暖かく、外は雪が降る日もあるほど寒くなり、温度差が激しいですよね。
急激な気温差などで血圧が急激に変動すると、血管がつまって心筋梗塞を引き起こす恐れがあります。
月別の発症数では、寒い時期に多くおこりがちなのだそうです。
 

また、こんな生活にも要注意です!
○頻繁にタバコを吸っている
○冬でも薄着で我慢する
○入浴は、熱めのお湯に長時間、肩までしっかり浸かる
4-1
○偏った食事を満腹になるまで食べている
○夕食時はほとんどアルコールだけを飲んでいる
bi-ru02
○負けず嫌いで、仕事や趣味などをつい頑張りすぎてしまう
身に覚え、ありませんか?
 

身近にできる予防策としては、
・心身への負担を減らす
・急激な温度差を避ける
精神的なストレスや過度な運動は心臓に負担をかけます。
無理をしないようにしましょう!
 

実は、歯周病と心疾患も関係があるのです。
これについてはまた今度!!