当院ではよっぽどのことがない限り削らない治療法を選びます

「むし歯になっても、削って治療をすればよくなる」と考えている方は多いのではないでしょうか。確かにむし歯の部分を削り取り、硬い金属の詰め物・かぶせ物をすると、何だか以前よりも丈夫になった感じがしますよね。しかし、残念なことに、歯は治療すればするほど悪化の一途をたどります。
お口の中は皆様が想像しているよりもかなり過酷な環境に置かれています。冷たいものが入ってきたと思ったら熱いものが入ってくる。硬いものを噛み砕くことで、歯と歯が激しくぶつかり合う・・・・。このような過酷な環境下では、「歯」と「詰め物・かぶせ物」の間には目で確認できないほどの小さな隙間がどうしても生じてしまいます。そこからむし歯菌が侵入し、むし歯が再発することになります。
そして一度治療した歯を再治療する際には、以前よりもむし歯が広がっていることになるので、さらに大きく歯を削る必要があります。この再治療のサイクルを繰り返すことで、最終的には削る歯もなくなり、抜歯、そしてインプラント・入れ歯の流れをたどることとなってしまいます。
このようなことから、患者さまのお口の健康を守る私たちの使命は、可能な限り歯を削らず治療をおこなうことです。痛くない歯医者さんに続き、可能な限り「削らない歯医者さん」もここで宣言致します!

当院ではよっぽどのことがない限り抜歯しない治療法を選びます

決して歯を抜かないわけではありません。抜いたほうが患者さんのお口の健康を守れる場合は抜歯をします。しかし、可能な限り「抜かない」。これは非常に大切な考え方です。
歯を失ったことがない人の中には、「1本2本の歯がなくなっても入れ歯にすればいいのでは?」「今はインプラントがあるので大丈夫!」などとおっしゃる方がいます。これは非常に安直な考え方です。
インプラント治療は「自分の歯のように噛める!」と宣伝されています。決して間違いではありませんが、ご自身の歯に勝る代替物はこの世に存在しません。
少し専門的な話になってしまいますが、歯の組織には「歯根膜」というものが存在します。この膜のおかげで「咬み心地」が生み出されます。この膜は天然の歯にしか存在しません。つまり天然の歯を抜くということは、この膜も失うことになり、自然な「咬み心地」を失うことと同じことになります。歯を失ったことがない方に「咬み心地」の大切さを伝えても理解してもらうことは難しいと思います。しかし、失ってから後悔しても後の祭りです。
このことから当院では、可能な限り歯を「抜かない」歯科医院を目指しております。