定期的メンテナンスの絶大な効果

歯科医院での定期的な予防・メンテナンスを「した方」と「そうでない方」の年齢別の統計があります。これによると80歳になったときに残っている歯の本数にはメンテナンスを「した方」の平均は15,7本に対し、「していない方」の平均は6,8本と9本近くの開きがでるという結果になりました。

もっと分かりやすく「メンテナンス」をしている場合としていない場合の比較を説明したいと思います。

「痛い時だけ通院する方」と「定期的に通院する方」の
歯のライフサイクルと治療費の比較

痛い時だけ通院する方の歯のライフサイクル

6歳
6歳《萌出》

《萌出》

7歳
7歳《詰め物》

《詰め物》

20歳
20歳《再治療》

《再治療》

45歳
45歳《再治療》

《再治療》

55歳
55歳《抜歯》

《抜歯》

80歳までの治療費推計
4,354,000

定期的に通院する方の歯のライフサイクル

6歳
6歳《萌出》

《萌出》

15歳
15歳《詰め物》

《詰め物》

40歳
40歳《現状維持》

《現状維持》

60歳
60歳《現状維持》

《現状維持》

80歳
80歳《再治療》

《再治療》

80歳までの治療費推計
1,514,000

出典:日吉歯科診療所調べ

「定期的に歯医者へメンテナンスに行くのは面倒だし、費用も高くなりそうだな」と感じておられる方も多いと思います。しかし、結果はどうでしょうか。定期的に通院したほうが約300万円も治療コストがかかっていません。これ以外にも興味深い統計があります。

《 残存指数と医療費の関係 》

1人当たりの生涯医療費は、2,300万円。(半分は70歳以降の医療費)
8020達成者は、70歳以降の入院医療費が1/5と言われています。

簡単にご説明すると、8020達成者(80歳になっても歯が20本以上残っている方)は、そうでない方の入院医療費の5分の1しかかかっていないという事です。つまり、「病院にかかる必要がない=健康でいられる」ということです。
一般の方は「歯が多く残っているだけで、なんでこんなにも違ってくるの?」と疑問に思われるかもしれません。しかし、皆様が思われているよりも「歯の健康」は「体の健康」に密接に関係しています。
歯を失ったままにしておくと、食べ物をよく咀嚼できませんので、消化が悪くなります。また、噛み合わせのバランスが崩れることで、歩行障害、頭痛、不定愁訴の原因となるとも言われています。そして歯を失う原因に多いのが歯周病です。これは心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病と密接にかかわってくる病気です。
また、歯科医師としてなによりも主張したい点は、「80歳になっても自分の歯でいられる」ことの素晴らしさです。一般の方々は「歳をとれば、自然に歯が抜けてしまうものだ」とお考えの方がいると思いますが、事実は違います。若いころから歯科医院で定期的にメンテナンスを受けていれば、上記の図・統計にもあるように、多くの歯を残すことが可能となるのです。
歯を失うことの辛さは、実際に失った方でないと分りませんが、事実、生活の質が落ちてしまいます。快適な老後を送るためにも、早いうちから歯のありがたみを理解し、日々のブラッシング、定期的なメンテナンスを生活習慣の1つに組み込むことが非常に大切となります。

「治療の連鎖」を断ち切るために

ここまで読んでいただければ、虫歯・歯周病の治療が終了しても、治療前の生活習慣や歯に対する考えのままであれば、結局、再治療の可能性が高まることがお分かり頂けたと思います。
現在の歯科医療では、虫歯・歯周病の原因が解明されており、どのようにすれば虫歯・歯周病にならずに済むのかの予防法が確立しています。

虫歯・歯周病になってしまったのには、あなたにそれだけのリスク(生活習慣、ブラッシングの方法、間食など) が存在していたからです。このリスクを減らすことができなければ、治療したとしても再発する可能性は高まります。
歯医者でのメンテナンスでは、単に歯石・バイオフィルムなどを除去するだけでなく、あなたのリスクを把握し、そのリスクコントロールのアドバイスも行いますので是非有効にご活用ください。
せっかく治療した歯。できるだけ長く、快適な状態でいたいですよね!今度は治療ではなく、お口のケアのために歯医者におこしください!3ヵ月~6カ月ごとの定期的なメンテナンスをお勧めします。