山田歯科

土曜日の診療時間14:00~18:00となります。

  • 0587-66-7502
  • ネット予約
  • お問い合わせ

安心して受けて頂けるインプラント治療

審美歯科治療とホワイトニングの違いは?

再発しないことを1番に考えたインプラント治療

今では、「インプラント治療」を行っている歯医者さんは非常に多いです。そのため、「インプラント治療」を受けたいときに受けることは簡単です。
そんな時、次に考えることは「どこの歯医者さんでインプラント治療を受けようかな?」ということだと思います。そこで、私たちが自信を持っていて且つ、患者様が医院選びをされる際に見るべきポイントをご紹介させていただきます。

ポイント1 / 安全性・確実性
治療に伴う危険性をしっかりと考え、その対策をとっているかどうか。
ポイント2 / 何でも言いたいことが言える先生かどうか
患者様が感じたこと、思っていること、悩みや疑問をしっかり聞いてくれる先生か?

この他にも、判断するポイントはありますが、この2つは非常に大事な要素です。当院では、特にポイント1の「より安全で、確実に」というところをコンセプトに治療を行っております。それに加え、歯が完成してから「いかに長く使えるか」こちらを重要視しております。そのため、精度の高いインプラント治療はもちろんのこと、全ての治療を高い質で、精度も高い治療を行えるように、専門別に分けて対応している治療もあります。

インプラント治療の3つのこだわり

こだわり1
再発させない

インプラント治療は、「歯が入って噛めるようになったら治療終了」と普通は考えますが、歯を入れることが私たちのゴールではなく、どれだけ長く持つかが私たちのインプラント治療のゴールだと考えています。
高額なインプラント治療をして、数年でダメになったら患者様も残念ですし私たちも残念です。
早く歯を入れて終わりではなく、長くインプラントを使ってもらいたいというのが私たちの思いです。

①バイオホライズン・インプラントシステム
①バイオホライズン・インプラントシステム

次世代インプラントと呼ばれているバイオホライズンインプラントの特徴は、「レーザーロック(Laser-Lok)」という特許技術の処理がほどこされていることです。
この特許技術は、インプラントを支える骨や歯ぐきなど周囲の組織もしっかりとインプラントと結合し、細菌の侵入を防ぎます。そのため、細菌感染やインプラント周囲炎などの炎症の防止に繋がり、インプラントを長持ちさせます。

山田歯科がバイオホライズンを選ぶ理由

  1. 1.しっかり結合するので身体に馴染む
  2. 2.細菌の感染を防ぐのでインプラント周囲炎などを防ぐ
  3. 3.結果、インプラントが長期間使用できる
②CTの完備
②CTの完備

よくニュースや新聞で取り上げられているインプラントによる事故のほとんどは、ドリルで穴を開けるときに起こります。
当院では、ドリルの途中でCT撮影を行います。
この撮影により、インプラントが大切な神経や血管を傷つける可能性がないか、きちんと骨の中に入っているかを確認してから治療を進め、確実で安全な治療を行うことができます。
この方法は、世界的にも最も安全なものであり、この方法の導入により当院ではインプラント治療中の事故は一度も起きていません。

「CT」だからこそ分かること
  • 1.神経までの正確な距離
  • 2.鼻の空洞までの正確な距離
  • 3.骨の幅や厚み
  • 4.骨の傾きや陥没部分の把握
  • 5.骨の中にある膿など

通常のレントゲンと違い、実際の状態と0.2mm程度の誤差しか生じないため、非常に正確に診断することが可能です。これにより、最適なインプラントの「長さ」「太さ」「角度」「位置」を決めていきます。

こだわり2
痛くない無痛麻酔の導入

当院に来院する患者様のなかには、インプラント治療が「痛い」「怖い」というイメージから、決断に二の足を踏まれる方もいらっしゃいます。
初めての方は、特に怖いと感じられると思います。そこで始めたのが、無痛のインプラント治療です。
「怖い」「痛い」という患者様には、筋肉注射を打ち、治療の間は眠っていただいています。
目が覚める頃には治療も終わっていますので、怖さを感じることはほとんどないでしょう。
無痛のインプラント治療は患者様にとって、身体の負担の少ない治療です。

こだわり3
費用をかけさせない、「予防的インプラント」という考え方

私自身の口腔内に6本のインプラントを入れていますが、20年近く、なにも問題はなく現在まで過ごしています。そこでつくづく感じることは、早期のインプラント治療の大切さです。人生50年の時代はとうに終わり、現在では80年以上、日々の生活を営んでいく時代です。「たかが、歯1本」と治療を疎かにしてしまう方もいらっしゃいますが、そこから歪みが生じ、歯がボロボロになっていくケースは少なくありません。とくに奥歯は大切で、これを失うと咬む力が4割近く失われてしまうのです。奥歯は咬む力の大部分を担っているだけでなく、運動能力の向上や骨折の予防にも繋がっています。さらに、奥歯でしっかりと咬めることで脳血流が増加し、認知症の予防にも繋がるといわれているのです。前歯でかじり、糸切り歯でちぎり、奥歯ですり潰す…と歯にはそれぞれ役割があります。そのうちの1本を放置することによって、日頃の食事も必然的に食べやすいものへと偏りはじめ、内臓疾患へのきっかけにもなりかねません。

このように80年以上を生き抜く術として、予防的なインプラント治療の大切さを知っていただきたいのです。

以前、このような患者様がいらっしゃいました。数本の前歯を除いて、ほとんどの歯がぐちゃぐちゃになってしまった患者様です。食事は必然的に炭水化物が中心となり、糖尿病も患っていました。そこではじめて食事の大切さを知り、インプラント治療に来られたのです。しかし、すべての歯を治療しようとすれば、数百万円という費用がかかってしまいます。はじめの1本のときにインプラント治療をしていれば、こんなことにはならなかったはずです。

インプラント治療だけが、当院の全てではありません

インプラント治療は歯科医療のほんの一部です。噛み合わせや両隣の歯のコンディション、歯周病などを総合して治療するためには、インプラント治療に限定していては出来ません。当院では、インプラントだけに限定した治療は原則行っておりません。

患者様に最も合った治療法を選んでいただきたい

歯科知識のない患者様でも、どんな治療があって、どの治療が自分に合っているのか等をご説明いたします。歯を失った場合の選択肢であるインプラント、入れ歯、ブリッジについてと、当院のインプラント治療について、以下にてご説明させていただきます。

欠損歯の治療法について

歯を失ったとき、どんな治療法があるのか

歯を失ってしまった場合には、①インプラント ②ブリッジ ③入れ歯の3つの選択肢があります。

インプラント ブリッジ 入れ歯

1.インプラントとは?

歯を失ったところを回復させる治療としてインプラント治療は、現在の歯科医療で実現可能な最先端の治療方法であるといえます。
歯を失ったところに人工のネジを埋め込み、その上に被せ物を装着します。第2の永久歯と言われるほど、本来の機能近くまで噛む力を回復させることが出来ます。ブリッジや入れ歯は他の歯に負担をかけてしまいますが、インプラント治療はその心配はありません。さらに見た目にもほとんど自分の歯と区別がつきません。
また、メンテナンスを継続することでインプラントの残存率は上がります。
しかし、最先端の治療方法であるため、保険の適用されない治療となります。

2.ブリッジとは?

インプラント治療が普及する以前は、歯を失った場合の第一選択として考えられていたのが、ブリッジによる治療です。ブリッジ治療では、失った歯の両隣の歯を削ることによって土台を作り、両端から橋渡しをするような形で失った歯を補うようにします。
しかし、支えとなっている両端の土台となった歯に大きな負担がかかるため、その歯を抜かなくてはいけないことも多々あります。このリスクをしっかりと認識したうえで治療を選択することが大切です。
ブリッジ治療の場合は、装着する部位や、使用する材料に応じて、保険適用されるものと保険適用がされないものがあります。

3.入れ歯とは?

失った歯の本数に応じて、様々な形態の入れ歯が存在します。3つの治療方法の中では、一番安定感がないだけではなく、『入れ歯は歯を壊す装置』と言われるほど、入れ歯をひっかけている歯がその負担に耐えられずに抜歯しなくてはいけないケースが多いといえます。そのため、入れ歯は4年程度で50%以上の方が作り直しています。食事のメニューが制限されてしまったり、入れ歯をはずすときに、旅行中とかだと隅のほうでこっそり外さなければならなくなるなど、生活に支障をきたすという点も、入れ歯の欠点です。
しかし、保険外の入れ歯を選択していただくことで、ピッタリと合った入れ歯を作成することが可能です。
詳しくは入れ歯のページを参照下さい。

インプラント ブリッジ 入れ歯
画像 インプラント ブリッジ 入れ歯
かみ応え 90% 60% 30%
周囲の歯への優しさ
見た目の美しさ ○または×(保険の有無により異なる) ○または×(保険の有無により異なる)
耐久性 ×
保険適用の有無 × ○または× ○または×

インプラント治療のリスク

どんな治療であっても、必ずリスクは存在します。

どんな治療であっても、必ずリスクは存在します。

これはインプラント治療も例外ではありません。
当院ではまず患者様にそのリスクをしっかり知って頂くことが最も大切だと思っております。
当院では、患者様ごとのリスクを一つ一つ分析し、それを解決していくことでリスクを無くす取り組みをおこなっております。

手術時のリスク
  • 1.方向を誤り、隣の歯や骨を壊してしまう。
  • 2.血管や神経を傷つけてしまう。
  • 3.上顎洞といわれる副鼻腔に貫通してしまう。
  • 4.ドリルの摩擦熱による骨の部分的な壊死。
手術後のリスク
  • 1.治療部位が感染を起こしてしまう。
  • 2.不適切な噛み合わせで骨吸収を早めてしまう。
  • 3.歯磨きの仕方しだいで、周囲の歯ぐきに炎症を起こしてしまう。

一見「たくさんリスクがあって危ないのでは?」と思いますが、当院では術前の精密検査を徹底的におこない、その人その人に合った治療計画を立てた上で、経験のある歯科医師がインプラント治療をおこなうため、それほど心配するようなリスクではありません。
様々なリスクを最小限にするため、当院では複数の歯科医師による治療計画の立案、CTやレントゲンをもとにしっかり分析して診断することを重要視し、治療をさせていただいております。

インプラント治療の流れ

一般的なインプラントの治療手順は次のようになります。

  • 1.インプラント体を埋め込みます。
  • 2.歯肉を縫合し1~3カ月の安静期間をおきます。
  • 3.インプラント接続部分の連結治療と型取りを行い2週間ほどの安静期間をおきます。
  • 4.かぶせ物をして治療終了となります。

インプラント体を入れてから被せ物をするまでの安静期間は下あごで1~2か月、上あごで1~3カ月です。治療終了までは期間が少しかかりますが、成功率や術後のインプラントを長くもたせるためにはどうしても必要な期間となります。
しかし、治療法によっては「1日インプラント」と言われ、インプラント体を入れてすぐに被せ物をしてしまう方法もあります。その日のうちに噛めるというメリットはありますが、インプラント体と骨がしっかり結合していない時期に強い噛み合わせの力がかかると、骨とインプラント体が結合しなかったり、感染して骨が吸収してしまうというリスクも存在します。

インプラント治療の流れ

治療期間を短くするには、どこかのステップを省略する必要があります。
当院では、安心して長く使えるインプラントを行うことが大切だと考えているため、無理な治療期間の短縮はいたしません。またそれが、将来的な患者様のメリットになると思っております。どうしてもご都合により期間やお時間が取れない場合はご相談ください。お一人おひとりに合わせた治療をご提案させていただきます。