歯を失ったとき、どんな治療法があるのか

歯を失ってしまった場合には、①インプラント ②ブリッジ ③入れ歯の3つの選択肢があります。

インプラント ブリッジ 入れ歯

1.インプラントとは?

歯を失ったところを回復させる治療としてインプラント治療は、現在の歯科医療で実現可能な最先端の治療方法であるといえます。
歯を失ったところに人工のネジを埋め込み、その上に被せ物を装着します。第2の永久歯と言われるほど、本来の機能近くまで噛む力を回復させることが出来ます。ブリッジや入れ歯は他の歯に負担をかけてしまいますが、インプラント治療はその心配はありません。さらに見た目にもほとんど自分の歯と区別がつきません。
また、メンテナンスを継続することでインプラントの残存率は上がります。
しかし、最先端の治療方法であるため、保険の適用されない治療となります。

2.ブリッジとは?

インプラント治療が普及する以前は、歯を失った場合の第一選択として考えられていたのが、ブリッジによる治療です。ブリッジ治療では、失った歯の両隣の歯を削ることによって土台を作り、両端から橋渡しをするような形で失った歯を補うようにします。
しかし、支えとなっている両端の土台となった歯に大きな負担がかかるため、その歯を抜かなくてはいけないことも多々あります。このリスクをしっかりと認識したうえで治療を選択することが大切です。
ブリッジ治療の場合は、装着する部位や、使用する材料に応じて、保険適用されるものと保険適用がされないものがあります。

3.入れ歯とは?

失った歯の本数に応じて、様々な形態の入れ歯が存在します。3つの治療方法の中では、一番安定感がないだけではなく、『入れ歯は歯を壊す装置』と言われるほど、入れ歯をひっかけている歯がその負担に耐えられずに抜歯しなくてはいけないケースが多いといえます。そのため、入れ歯は4年程度で50%以上の方が作り直しています。食事のメニューが制限されてしまったり、入れ歯をはずすときに、旅行中とかだと隅のほうでこっそり外さなければならなくなるなど、生活に支障をきたすという点も、入れ歯の欠点です。
しかし、保険外の入れ歯を選択していただくことで、ピッタリと合った入れ歯を作成することが可能です。
詳しくは入れ歯のページを参照下さい。

インプラント ブリッジ 入れ歯
画像 インプラント ブリッジ 入れ歯
かみ応え 90% 60% 30%
周囲の歯への優しさ
見た目の美しさ ○または×(保険の有無により異なる) ○または×(保険の有無により異なる)
耐久性 ×
保険適用の有無 × ○または× ○または×