「セレック」に関する
ご質問にお答えしています。

こちらに掲載されていないご質問などがありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

Q

どのような症状でも、
セレック治療が可能ですか?

通常の詰め物・被せ物など一般的な修復物の作製はもちろん、前歯に貼りつけるラミネートベニアなどの審美治療も可能です。ラミネートベニアは、歯を削る量を抑えられるため仕上がりが美しいのが特徴です。むし歯の大きさや噛み合わせなど、口腔内の状態や症状、ご要望に合わせて最適な治療法を検討します。

Q

通院1回、1時間での治療は本当に可能なのですか?

患者さんの状態や症例によって異なります。
最短の場合は1度の通院、1時間の治療で可能ですが、むし歯の大きさや歯ぐきの状態によっては、問題がある他の部分を優先して治療する場合もあり、当日にセレック治療ができないことはあります。複雑な治療や本数が多いとき、特殊な加工が必要な場合など治療時間が1時間以上かかることもあります。

Q

なぜセラミックの修復物は優れているのですか?

着色や変色、摩耗がなく、金属アレルギーの心配がないからです。
レジン(歯科用プラスチック)は着色や変色、摩耗することがありますが、セラミックにはそうした劣化の心配がありません。金属を使わないため、金属アレルギーも引き起こしません。歯垢(プラーク)が付着しにくいのもメリットです。
天然の歯に最も近い素材として、世界中の歯科医師から評価されているセラミックですが、中でもセレック治療で使う素材は、規格生産しているため気泡や遺物の混入がなく、常に品質が安定しています。

Q

治療後に歯ぐきが黒ずんでしまうことはないですか?

状態により歯の根が黒く変色することがあります。
変色せず、歯ぐきへの影響が少ないのがセラミックの特徴ですが、歯髄(歯の神経)がなくて金属製のコア(芯)を入れている場合など、時間が経つにつれて歯の根が黒く変色することがあります。

Q

保険適用でしょうか?

保険外診療です。
セレック治療は保険適用外の診療です。コスト負担はありますが、それに見合った治療効果が得られるでしょう。自信を持っておすすめできる治療法です。