山田歯科

土曜日の診療時間14:00~18:00となります。

  • 0587-66-7502
  • ネット予約
  • お問い合わせ

根幹治療・歯牙再植治療について

マイクロスコープを使用した「歯の神経の治療」

むし歯が進行すると、歯の神経(歯髄)まで達します。こうなってしまうとむし歯菌が感染した神経を取り除き、根管(神経が入っている管)を綺麗に清掃してからかぶせ物をする治療をおこなう必要があります。一見簡単な処置のように思えますが、治療を放置すると「痛み」「腫れ」などの原因になってしまいます。

今までの治療では、「肉眼」でこの治療をおこなっていましたが、実は「肉眼」でこの細かい部分をすべて確認しながら完璧に作業することは不可能です。つまり、従来法の根管治療とは「勘」や「経験」に頼った治療で、時には「再治療」そして「抜歯」の選択を迫られることも多々ありました。
しかし当院では、歯科顕微鏡(マイクロスコープ)を利用することで、今まで見えなかったものが見えるようになり、しっかり目で確認しながらの治療が可能になります。
マイクロスコープとは、治療部位を拡大する顕微鏡です。根管治療においては、どれだけしっかりと問題部位を確認できるかが成功のカギを握っていますので、成功率を上げるためには絶対に欠かすことができない機材になります。全国でもこの機材を導入している歯医者はまだまだ少ないのが現状です。

当院ではマイクロスコープの導入により、「抜歯」という最悪のシナリオを回避する確率が飛躍的に高まりました。根管治療においては「見える」「見えない」というのは、治療を成功させるためには非常に大きな違いとなります。

CTを使用した「歯の神経の治療」

CTを使用した「歯の神経の治療」

CTはマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)同様、「肉眼で見えないものを見える」ようにさせる最新機器です。CT(三次元)を利用することで、デジタルレントゲン(二次元)では見えない部分まで見えるようにすることができます。

CTを使用した「歯の神経の治療」

上の画像はCTで撮影したものです。
レントゲンでも根尖病巣の有無は判断可能(ぼんやり黒く映ります)ですが、CTを利用することでレントゲンでは見えない部分も可視化することができ、より一層精密な診査・診断、そして治療が可能になります。

当院での処置の症例

当院で処置した症例をご紹介します。他院で抜歯と言われてしまった歯でも抜歯せずに対処した症例も多数あります。黒い影が出ている部分が問題の個所で(根尖病巣)、治療後はこの影がなくなっているのが見て取れると思います。

当院での処置の症例 当院での処置の症例

他院で抜歯するしかないと言われてしまった場合でもお気軽にご相談下さい。
場合によっては、抜歯をしないでも治療が出来る可能性があります。