山田歯科

土曜日の診療時間14:00~18:00となります。

  • 0587-66-7502
  • ネット予約
  • お問い合わせ

妊娠中の歯科治療

スタッフブログで授乳中の麻酔についてお話ししていたので、妊娠中の治療についても少し書いておきたいと思います。
妊娠中に歯が痛くなると、歯医者に行って治療してよいものか、痛み止めを飲んでよいものかと、多くの不安を抱くことと思います。
 

妊娠初期

この頃は、赤ちゃんのいろいろな器官ができてくる大切な時期です。
この時は麻酔やお薬などを使わないで、なるべく応急処置程度にとどめておいた方が良いでしょう。
 

妊娠中期

妊娠5〜7ヶ月の安定期は、歯科治療を受けるのに適しています。ほとんどの歯科治療を行う事が出来ます。
 

妊娠後期

仰向けで治療するのが辛いと思います。歯科治療は不可能ではありませんが、中期よりはリスクがあるかもしれません。
 

安定期は基本的に歯科治療ができますが、つわりなど個人差もありますので、なるべく妊娠前に虫歯等気になるところは治療してしまいましょう

歯のグラつき

みなさん、自分が歯ぎしりしているかどうかわかりますか?
私が受付にいると、診療室のほうから「この歯が少しぐらぐらしてきてますね」という衛生士さんや先生の声が聞こえてくる事があります。
 

もしかしたら、そのぐらぐらする原因は歯ぎしりかもしれないのだそう。
患者様に「もしかしたら歯ぎしりしてるかもしれないですね」とお伝えすると「え」と、歯ぎしりの自覚がないため驚かれる方もいます。
 

歯ぎしりは自分では気づきにくいですが、歯はもちろん耳鳴り、めまいなど全身に影響を及ぼします。
長い間歯医者に行ってないわ〜という方も、一度行ってみると自分では気づかなかったことがわかるかもしれません。
当院でもいつでもお待ちしておりますので、お気軽にお電話くださいね

授乳中の麻酔

小さな赤ちゃんがみえるお母様から、よく質問を頂きます。
「授乳中なんですが、麻酔しても大丈夫ですか?」と。

結論からいうと、部分的な麻酔なので、2〜3時間程あければほぼ大丈夫です
なぜ「ほぼ」かというと、大人でも麻酔にアレルギーが出る事はゼロとは言い切れないので100%とは言い切れません・・・。麻酔は母乳中に移行しますが、赤ちゃんへの影響は少ないので、授乳しても大丈夫だとされています(米国小児科学会)

ただ気分的に心配に思われる方も多いと思います。
麻酔を使う処置の前に、あらかじめ搾乳しておくと精神的に安心かもしれませんね
何度も言いますが、赤ちゃんへの影響はほとんどないので、痛いのを我慢せず、安心して治療を受けて下さい

TCH改善法

今回はTCHの改善法をお話しします。
TCHは歯ぎしりなどの強い力とは違います。
弱い力がずっと続くことで、顎関節への負担や肩や首周りの筋肉の緊張が起こると言われています。

歯は、食事や会話の時以外は離れているのが普通だとお話ししました。TCHは、それ以外の時でなにかに集中している時に上下の歯がくっついてしまっている事が多いのです。
パソコンに向かっている時、シャンプーをする時、家事をしている時など、自分がいつ歯と歯を接触させているのか、意識してみてください。(難しいと思いますが・・・集中している時にふと我に返ってみてください)

いつ接触させているのかがなんとなくわかったら、それをするときに歯と歯を離すだけです!!
簡単すぎて忘れてしまいますよね
なので、ポストイットなどに「歯と歯を離す!!」と書いて、目に入るところに貼っておきましょう。

パソコンに向かっているときにTCHがあるのなら、パソコンに貼る。
洗い物をしているときなら、洗い場の目につくところに貼る。
すぐできますので、一度やってみてください

お口がさっぱりするお水☆

今日は、最近はじめてお越し頂いた患者様が見えました。
ご予約を頂いていなかったので、急にどこか痛みだしたのかな・・・?と思っていると「パーフェクトペリオ下さい!」

お水だけ購入しに来て下さいました
 

こちらの患者様は前回はじめて来て頂いたときに、パーフェクトペリオが気になるとの事で購入されたのですが、さっぱりすると喜ばれていましたそう言って頂けてよかったです〜!!
 

少し塩素のような独特の味がしますが、慣れてしまえばこっちのもの。笑
味が心配な方も、当院でお試しいただけますのでお気軽にお声がけ下さい