むし歯の症状に合わせた治療法を提供いたします

むし歯は急に進行するわけではなく、長い年月をかけて徐々に進行していきます。
ごく初期の段階(C0=経過観察)を過ぎてしまうと悪化の一途をたどります。歯は一度悪くなってしまうと、もとの状態には戻らないという認識が大切です。
むし歯の進行状況に合わせて治療内容も大きく変わります。

むし歯の進行状況に合わせた治療内容
C0
経過観察

この段階であれば、しっかりとした処置をすることで削らずに自然治癒(再石灰化)させることが可能です。

C1
エナメル質が溶け表面に穴があいている状態

むし歯の初期段階であるC1になると、治療が必要になりますが、むし歯を削りレジン(プラスチック)を詰め、1回の治療で終えることができます。

C2
穴が象牙質にまで拡大している状態

冷たいものを飲むことで歯に違和感を覚えるのは、C2の段階です。
この段階までであれば、歯を削る量は可能な限り少なくすることができます。
また、治療回数も2回程度と短期間で終えることが可能です。
しかし、C3以降になると話が大きくかわってきます。

C3
歯がかなり失われている状態

C2の時よりも痛みの自覚症状が強くなります。C3以降の治療は、むし歯が神経に到達しているため、神経を除去する治療が必要になります。そして、神経除去後は歯が非常にもろくなりますので、クラウンなどの「かぶせもの」を装着することになります。治療回数は5~6回かかります。

神経除去治療は肉眼では見えない手探りの根気のいる治療になります。
そのため、C3以降の治療は長い治療期間をともなった治療となります。
つまり、痛い治療が嫌だからといって治療を先のばしにしていると、大きな痛みと長い治療期間という、まさに患者さんにとって一番嫌な状況に陥ってしまいます。

C4
歯の根しか残っていない状態

残念ながら、ここまできてしまった歯は基本的に残すことができません。
しかし、周囲の骨、歯の根の状況などによっては歯を残す治療も可能となることもあります。
治療回数は7~8回程です。まずはご相談下さい。

※C4まで進んでしまった場合は、嘘のように「痛み」がなくなります。
痛みがなくなったので「歯医者にいかなくてもいいや」と考える方が多いかと思いますが、その考えは非常に危険です。痛みがなくなったのは神経(歯髄)が死んで、歯が腐ってしまったからです。細菌はその間にも徐々に進行しています。そのまま放置した場合、最悪「顎骨骨髄炎」や「口底蜂窩識炎」といった命にかかわる病気を引き起こすことがあります。
※抜歯した後の対処法としましてはインプラント入れ歯をご覧ください。