第一ステップは悪さをする細菌を極力減らすため口腔内をクリーニングします。必要があれば抗生剤、抗生物質を投与します。
当院では遺伝子検査もおこなえますので、歯周病菌の菌名と数を特定しその菌に効く薬を内服、除菌して歯を抜けなくします。
お口の中の歯石汚れは歯ブラシでは落とせませんので、専用の機械を使って取ります。歯石はただの汚れではないので、そのままにしておくと歯周病になる歯が抜ける場合があります。歯石は歯周病の原因である細菌のすみかなのです。
歯周病の進行度によってクリーニングの回数が異なります。

細菌のコントロールをするうえでもう一つ重要なのがご自宅でのケアです。当院では専門の歯科衛生士が一人ひとりに合わせたケアの方法と清掃用具を処方します。歯や歯肉の状態にあわせた歯ブラシ、補助清掃用具で毎日プラークをしっかり落とすことにより歯石を予防します。