こんにちは

4月7日は「世界保健デー」、

世界保健機関(WHO)が誕生した日です。

WHOは世界の人々の健康を守るため、

毎年この日にテーマを決めて啓発活動を行っています。

 

お口の健康は全身の健康にも影響を与えますので、

歯は大切にしてくださいね

 

 

さて、お口の健康維持に欠かせない定期検診ですが、

患者さまを診ていると、中には

「むし歯じゃないのに歯がしみる…」

という方がいらっしゃいます。

 

むし歯や神経の炎症がないのに歯が痛いときは、

『知覚過敏』かもしれません

 

 

 

 

◆知覚過敏とは!?

 

冷たいものや甘いものを口にした時、

そして歯を磨いている時などに

ピリッとした鋭い痛みが起こる症状を

『知覚過敏』といいます。

 

知覚過敏をもっとも多く患っているのは

20歳〜50歳で、

日本人の4人に1人が経験している

と言われています。

 

知覚過敏は一過性の痛みで

刺激がなくなればおさまるため、

放置している方も多いのではないでしょうか?

 

 

とはいえ!

 

知覚過敏は放置しておいても治るとは限らないので、

注意したい症状です。

 

 

◆知覚過敏はなぜ起こる?

 

知覚過敏は

「象牙質(ぞうげしつ)の露出」によって起こります。

歯の中心には神経があり、

やわらかい象牙質と硬いエナメル質に覆われています。

 

 

通常であれば、

歯の一番外側をエナメル質が覆っていて

痛みを感じることはありません。

 

ですが、象牙質が露出すると神経に刺激が伝わり、

痛みを感じやすくなります。

 

 

 

 

象牙質が露出する原因は、

・打撲で歯が欠けた

・歯ぎしりや食いしばりで歯がすり減った

・酸の強い食べものや飲みもので歯が溶けた

 

などが考えられます。

 

 

 

硬い食べものばかり食べている人も、

歯に強い負担をかけることがあるので

注意しましょう。

 

 

 

 

◆歯ぐき下がりも知覚過敏の原因に!

 

歯の根っこも知覚過敏が起こりやすい部分です。

歯ぐきが下がると歯の根が露出して、

象牙質がむき出しの状態に…。

 

 

歯ぐきが下がるのは、

・加齢

・歯周病

・過度なブラッシング

 

などが主な原因。

 

 

 

 

 

◆知覚過敏は放置しないで!

 

知覚過敏を放置していると、どうなるのでしょうか?

 

まず、歯ブラシが触れると痛みを感じるため、

歯みがきもおろそかになりがちです。

すると、プラークという細菌のかたまりが歯に付着し

むし歯になってしまうことも。

 

また、歯周病が原因の場合は、放置していると

いずれ歯が抜けてしまう原因にもなります。

 

そもそも歯がしみると、

おいしい食事も楽しめませんので

早めの受診をおすすめします。

 

 

 

◆歯みがきと治療で歯の健康を守ろう!

 

「知覚過敏かも!?」と思ったら、

歯みがきの仕方を見直してみるのも一つの方法です。

 

知覚過敏で歯がしみる時は、

 

(1)余分な力をかけない「ペングリップ」で歯ブラシを持つ

(2)毛先のやわらかい歯ブラシで力を入れず小刻みにみがく

(3)常温もしくはぬるま湯で口をゆすぐ

(4)歯みがき粉は知覚過敏に有効な「硝酸カリウム」入り

 

などのポイントに気をつけて歯を磨くのがおすすめ。

 

ご自身でできることもありますが、

痛みが続くときは我慢せず、

お早めにご相談ください!