一度失ってしまうと自分の歯は戻ってきません。そんな大事な歯を守る為にも、バランス良く食事をすることが大切です。今日は、歯を丈夫にする食べ物をご紹介します
 

歯の栄養には、カルシウムだけでなく、タンパク質、リン、ビタミンA・C・Dの栄養素を含む食品をバランス良くとることが大切です。

カルシウム(ひじき、チーズ、しらすぼし)
リン(米、牛肉、豚肉、卵)
は、
歯の石灰化のための材料

タンパク質(あじ、卵、牛乳、豆腐)
歯の基礎

ビタミンA(豚、レバー、ほうれん草、にんじん)
歯のエナメル質の土台

ビタミンC(ほうれん草、みかん、さつまいも)
象牙質の土台

ビタミンD(バター、卵黄、牛乳)
カルシウムの代謝や石灰化の調節役となります。
 

また、赤ちゃんの歯は妊娠中にできます。妊娠初期からできはじめる歯もあるので、その頃にカルシウムをしっかりとると、丈夫な歯になります。生えてくる歯が強いか弱いかは、主に歯ができあがるまでの食事の内容が大きく影響してきます。牛乳、チーズ等の乳製品や、いわし・ししゃもの小魚、緑黄色野菜や大豆製品には、カルシウムが多く含まれています。積極的に摂取していきましょう!

参考HP 日本小児歯科学会
     妊婦さんの歯の話