お口の中には、どの人にも細菌が300〜500種類ほど住んでいます。
「えぇそんなに〜」と驚かれる方も多いのではないでしょうか。
当院では、初めてお越し頂いた方に、お口の中の細菌検査をさせて頂いています。顕微鏡で見た細菌たちをパソコン上に映し出すと、驚かれる方が多いです。中にはショックを受ける方も・・・。
ですが、どんな人のお口の中にも細菌はいるのです
 

たくさんいる細菌たちは、普段は悪さをせず大人しくしています。
しかし、歯磨きが不十分だったり、砂糖をたくさん摂りすぎると細菌たちの態度が一変!!ネバネバした物質をつくりだして、歯の表面にくっついてしまいます。
これをプラーク(歯垢)というのですが、これはうがいをするだけでは落ちません!!
 

シール等の粘着性のあるものって、水をかけても落ちませんよね。
それと一緒で、こすらないと落とせないのです
 

1mgのプラークの中には、10億個の細菌が住み着いているんだとか
すごい数ですね・・・!!!
これを聞くと、歯磨きに対する意識も少し変わってくるのではないでしょうか?毎日、夜だけでもいいので、歯と歯の間や歯の溝に注意して、時間をかけて磨きましょう!!!