スタッフブログで授乳中の麻酔についてお話ししていたので、妊娠中の治療についても少し書いておきたいと思います。
妊娠中に歯が痛くなると、歯医者に行って治療してよいものか、痛み止めを飲んでよいものかと、多くの不安を抱くことと思います。
 

妊娠初期

この頃は、赤ちゃんのいろいろな器官ができてくる大切な時期です。
この時は麻酔やお薬などを使わないで、なるべく応急処置程度にとどめておいた方が良いでしょう。
 

妊娠中期

妊娠5〜7ヶ月の安定期は、歯科治療を受けるのに適しています。ほとんどの歯科治療を行う事が出来ます。
 

妊娠後期

仰向けで治療するのが辛いと思います。歯科治療は不可能ではありませんが、中期よりはリスクがあるかもしれません。
 

安定期は基本的に歯科治療ができますが、つわりなど個人差もありますので、なるべく妊娠前に虫歯等気になるところは治療してしまいましょう