初期段階ではなかなか自覚症状がない歯周病。
実は、日本人の約80%もの人が歯周病だと言われているのです。
歯茎が腫れたり、歯磨きをすると血が出たり・・・最悪の場合抜けてしまいます。
それどころか、全身に影響を及ぼし、命取りになる危険性もあります
 

なぜ歯の病気が心臓の病気に関係するのでしょうか??
考えられる原因は、お口の中の歯周病菌や虫歯菌。
これらの細菌が血液中に入り込んで、心臓にまで影響を及ぼしているのではないかと言われています。歯とは直接関係ないようなところまでも、病気のリスクを高めてしまうのです。
歯周病の患者さんが同時に心臓疾患も患っているというケースが非常に多く、脳卒中や心臓発作を引き起こす危険性が2倍も高くなったという研究結果も出ています。
 

歯ブラシだけで歯周病は治りませんが、食生活や運動不足の解消と同時に、正しい歯磨きによってその脅威を取り除くことも重要です。